あなたの土地や建物を守ります。

土地や建物の「不動産」は非常に価値のある財産です。
しかし、「土地の境界がわからない」「広さがわからない」など、
その土地の情報が明確でない場合、トラブルや紛争に発展することも多くあります。
当事務所では、お客様の土地や建物を安心して利用・管理するための
「調査」「測量」や「登記」「許認可」の申請手続きを専門に取り扱っています。
土地や建物の権利は、正確な「調査」と「登記」を行うことにより、
法律的にも正式なものとなります。

当サイトでは、不動産登記の事例や法律、トラブルの予防について
紹介しておりますので、是非ご参考ください。

土地の境界を明確にする「境界確認」の事例を動画で紹介しています

代表的な事例

土地や建物を扱う時に必要な代表的事例をご紹介します。

■ 土地を売りたい

土地を売却する場合には、土地の境界や面積を明らかにする、
「境界確認」や「地積測量」を行います。

必要な手続きへ>>

■ 土地を複数に分けたい

ひとつの土地を複数に分ける場合、法律上で土地を複数に分ける

「土地分筆登記(とちぶんぴつとうき)」が必要になります。

必要な手続きへ>>

■ 土地の境界が知りたい

土地の境界を明らかにする場合には、

「境界確定測量(きょうかいかくていそくりょう)」を行います。

必要な手続きへ>>

■ 境界問題を解決したい

土地の境界問題を解決するには、土地の境界を明らかにする

「境界確定測量(きょうかいかくていそくりょう)」を行います。

必要な手続きへ>>

■ 土地を事業用地にしたい

土地を事業用地にしたい場合、

面積や条件に応じて「土地開発許可」などが必要になります。

必要な手続きへ>>

 

 ■ 土地を分譲したい

分譲を行うには、隣接土地所有者や道路管理者などとの境界確認を行い、目的の土地の境界や面積を確定することが必要になります。

必要な手続きへ>>

■ 農地を別用途でつかいたい

田や畑などの農地を別の用途で利用する場合、農地法の定めにより、「農地転用の許可」等の許可申請が必要になります。

必要な手続きへ>>

■ 里道や水路を払い下げたい

里道や水路の払い下げや付け替えが必要になる場合、「里道水路の用途廃止」および「払い下げ申請」「所有権保存登記」などが必要となります。

必要な手続きへ>>

■ 形状や広さが知りたい

土地の形状や広さを知りたい場合は、「現況測量(げんきょうそくりょう)」を行い、その土地の境界標や工作物を測量し、現況平面図を作成します。

必要な手続きへ>>

■ 家を新築した

家を新築した場合、建物の物理的状況や所有者の住所や氏名を登記簿に登録する「建物表題登記(たてものひょうだいとうき)」が必要になります。

必要な手続きへ>>

■ 家を増改築した

既に登記されている建物に変更が生じた場合、「建物表題変更登記(たてものひょうだいへんこうとうき)」が必要になります。

必要な手続きへ>>

■ 建物を壊した・倒壊した

建物を取り壊したり倒壊し使用不可能となった場合等は、登記情報を登記簿から抹消する「建物滅失登記(たてものめっしつとうき)」が必要になります。

必要な手続きへ>>

[事務所の紹介]

土地家屋調査士・行政書士

諌本憲司事務所

(有)イサモト土地企画設計

 

営業時間 

月〜金(8:30〜18:00)
TEL 0973-24-3135

 

会社概要はこちら>>

[お問い合わせ先]

土地や建物の登記・測量等のお見積もりや、土地の有効利用、境界問題等のご相談その他ご不明点がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

(ご相談・お見積は無料です。費用が発生する作業を伴う場合はお客様の了解を受けて行いますのでご安心下さい) 

 

ご相談はこちらから>>